合格道場|茨城・東海村の小学生、中学生対象 学習塾

小・中学生 少人数対話型 徹底指導 学習塾

029-229-0183


goukakudojo@gmail.com

ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

継続は力なり

巷の英語熱に乗じて、私も英語の勉強を始めた。

 

「英語ができない奴が、英語教えていたのか?」

とお叱りを受けそうだが、中高時代、英語が苦手だという感覚はなく、

中3で英検2級もとれたし、センター等で9割をわったこともない。

大学時代も留学生と話せて、toeicで800点くらい取れていた。

まぁ普通の人よりはできるかな くらいの自信は持っていた。

 

だが、その大学時代に「英語は無理だ…」という、劣等感を抱くようになってしまった。

 

なぜ劣等感を抱くようになったか。

それは、周りの友達、知り合いに圧倒的な差を見せつけられたからだと思う。

例えば、帰国子女の友達。

彼は、小6で英検準1級を受けて、日本人面接試験官の英語能力の低さに唖然としたらしい。(帰国子女だと、このレベルが普通とのこと)

ヒッチハイク時に世話になった友人は、アメリカンスクール出身、家庭での会話も英語だった。

 

そこには、英検やtoeicの点数では測ることのできない、別次元の世界が広がっていた。(茨城に住んでいると、こういう機会が少ないと思う。)

 

同じような経験が重なり、

「英語が得意」という私の自尊心は完全に崩壊してしまった。

英語で勝負をしても、絶対に勝てない。

勝てないものに力を注いでも仕方がない。

そう思い、勉強もしなくなった。

 

 

今思えば、「勉強し続ける」ことが必要だったと思う。

 

人は、自分を大きく見せたがる。

等身大の自分よりもすごい人間だと思われたい。

若い世代が、インスタ映えを争って痛い投稿を続けるのも同じ現象。

だけど、世界は広くて、殆どの人間は凡人でしかない。

自分が得意だと思った分野にも、上には上がいる。

悲しいかな、凡人にはトップになれる分野、武器なんて何もない。

勉強も、運動も、仕事も…なにも勝てない。

当時の私は、圧倒的な差を見せられ、自尊心が高かった故に、諦めてしまった。

 

 

そこで、他の凡人との違いを生むのは、

ちょっとは使える凡人になるかどうかの分かれ目は、

痛い投稿、痛い努力をどれだけ長く続けたかにかかっているのだと思う。

 

英語をあきらめて15年、

1日英単語を5個ずつ覚えていれば、3万語…

 

この年なってから

「腐らずに続ける。」ことを決心する今日この頃。

 

※ちなみにギターは、25年間続けており、今でも自分の成長を感じている!

 

 

 

 

平成30年度 高校受験結果

第5回生 全員の最終進学先(合格高校ではなく進学先。)

県立・高専
日立一 2名
茨城高専 2名
水戸二 1名
桜ノ牧 1名
日立北 1名
水戸三 2名
水戸工業 1名
佐和 1名
東海 2名
勝田工業 1名

私立
水城SZ 4名(単願3名)
水城SS 1名(単願1名)
茨城キリスト 2名(単願1名)
常磐大学高校 1名

以上、速報。

※私立コースの変更あり。(4/3)

――――――――――

保護者の方からのよくある質問を載せておきます。

1、成績は上がりましたか?
入塾時と比べ、8割の生徒は偏差値アップを果たしています。(合否とは関係なく)。ただ、残り2割の生徒は現状維持のままでした。
成績が上がる条件は、勉強に取り組む姿勢、性格、本人の能力等、様々な要因があります。
中でも「言われたことを守る」ことが最も大切だと思います。

2、全員合格ですか?
残念ながら全員合格ではありません。不本意な結果になった生徒もいます。また、志望校を下げて合格した生徒もいます。
ただ昨今の塾業界に倣って、実際に受けた高校ごとに「全員合格」かどうかを判定すれば、「日立一、高専、水戸二、桜ノ牧、… 全員合格」となります。

3、私立の単願が多いのはなぜですか?
兄姉、知り合い等が私立に通われいて、その良さに共感される方が多かったからです。
合格道場では、生徒の将来に最もプラスになるような進路指導を行っています。
本人にとってその進路がベストであれば、それを妨げません。

 

 

平成29年度 高校受験結果

第4回生 全員の最終進学先

県立・高専
茨城高専2名
水戸二1名
桜ノ牧1名
水戸三4名
日立北3名
水戸商2名
佐和3名
日立商1名

私立
茨キリ(単願)1名
葵陵(単願)1名
常総(単願)1名
常磐2名
啓明1名

 

思い返してみると、1年前の今頃、
在塾生の偏差値は、志望校に遠く及ばず、どうなるものかと苦心していた。(平均偏差値50を切っていた…)
この一年で、ここまでの結果を残せるとは思っていなかった。
成績アップ率なら確実に開塾以来最高。
ひとえににみんなの頑張りのおかげ。
本当にありがとう。

 

―――――

悔しくも、不合格になった生徒へ。

先週、卒塾生(1期生)が大学受験の報告に来てくれた。実は彼女、3年前の高校受験ではうまくいかなかった。

けれど、高校に入ってからも、塾によく来てくれ、勉強を続けた。(高校受験でNGだったのに、塾に来てくれるだけでも本当に感謝)
センター試験対策の相談にも来てくれた。

そして、この度、筑波大学に現役合格。

人生で何が成功か失敗かなんて、後になってみないと分からない。

今、不本意な気持ちになっていたとしたら、その不本意な気持ちは、私も共有しているし責任も痛感している。
お互い3年後まで頑張り続けよう。

この「今」を振り返ったときに、プラスだったと思えるように。

 

 

 

「90%と100%」

「90%約束を守ることは、100%約束を守るよりもはるかに難しい。」

経営学者クレイトン・クリステンセン氏の言葉。

 

「今回だけは、まぁいいか。」

その1回のつもりが、

「今回だけは…、明日から…」

と積み重なり、

そして、90%を達成することもままならなくなる。

 

それなら、100%の方が達成しやすいという内容。

 

誰しも思い当たる節があると思う。

自戒の念をこめて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度 高校受験結果

2016年度進学先

水城szs 1人
水戸三 2人
桜ノ牧 1人
水戸商 1人
日立北 1人
佐和  3人
勝田工 1人
日立商 1人
東海 1人
合計12人

開塾して初めて中学1年生として迎えた学年だった。
この大手塾が乱立する激戦区で、ただ一人、ブランドもない新規の塾が開塾するということ。
自らが描く像と現実とのギャップ。
苦悩した年だった。

最後まで残ってくれた生徒は、
入塾時よりも、遙かに成績を上げ、
そして、合格を勝ち取ってきてくれた。
アップ率ではどこにも負けていない自負がある。本当、よく頑張ってくれた。
合格おめでとう。

-以下、私の思索-

「努力すること」

今年度の受験生の中に、私が経験した中で、一番の努力家がいた。
当然のごとく合格を勝ち取って来てくれた。

必ず成功する、否、しなければならない、
そう感じさせる努力量だった。

世の中で成功するかは、
「才能(運)×努力」で決まり、
割合は半半くらいだと思う。
(エジソンは自らの才能を謙遜している。)

努力の可能性信じ、一途に努力するほど、
自ら才能のなさを痛感する。
YDKと言えるのは、井の中の蛙か、
本当に努力をしたことがない人だ。

だが、この苦悩、努力する行為が
どれだけ自らの人生にプラスの意味を持つのか。
学生のときにはなかなか気付けない。
(私自身も、全く分からなかった。)

「努力する力」を身につければ、
これから先も、大いに成功する可能性がある。
もしある分野でうまくいかなかったら、
「努力する力」を武器に、他の得意とする分野に進めばよい。

その反面、自らの才能に慢心し、
泥だらけになって努力する人間を蔑む者は、
たとえ受験で成功しても、その後必ず失敗する。
どんな道に進んでも、才能だけで戦っていけるほど、世の中は甘くない。

学生時代の部活や受験は
この「努力する力」を身につける絶好の機会であると思う。

後輩諸君も早く気付いてほしい。